小顔を目指すならあごの美容整形です

小顔になりたいと思っている人には、あごの美容整形手術が有効です。顔の大きさには個人差が大きくあります。顔が大きいというだけで、見た目の雰囲気が変わります。特に丸く大きな輪郭の場合、顔が大きく見えるだけでなく、スタイルも悪く見えてしまいます。フェイスラインをすっきりとするだけで、小顔効果が得られるだけでなく、全体的な雰囲気もシャープに見えるという効果があります。フェイスラインを変化させるだけで、顔のパーツ一つ一つがはっきりとして見えるので、鼻筋が通って見えたり、目が大きく見えるようになるという変化もあります。元の顔の形によって、有効な手術の内容は異なります。効果的な手術をするためには、正しい知識を持った医師選びを行うことがとても大切です。

フェイスラインの形成手術の内容

小顔にするためのフェイスラインの形成手術の内容にはいくつかあります。フェイスラインがすっきりとしていない原因が、余分な脂肪がついていることだけであれば、脂肪溶解注射や脂肪吸引手術などで効果が出ます。原因が骨格にある場合には、余分な部分の骨を削る手術も必要です。エラや頬骨を削ることで、シャープなフェイスラインを作ることが出来ます。また、あごの横幅が広い場合には、男性っぽい雰囲気になりがちなので、横幅を縮める手術を行うことで、女性らしいシャープなフェイスラインに変化させることが出来ます。長さが不足している場合などには、あごにシリコンを注入したり、軟骨を移植することで、よりシャープな雰囲気を作ることが出来ます。仕上がりのイメージをしっかりと医師に伝えることが大切です。

美容整形手術をするときの注意点

美容整形手術をするときには注意したい点がいくつかあります。まずはリスクを知ることです。特に切開が必要となるものは、傷跡が残ってしまうなどのリスクが必ずあります。また、注射だけの場合でも、時間とともに効果が薄れてしまうなどのリスクもあります。メンテナンスのタイミングなどもあるので、医師に相談しておくと良いでしょう。最も注意したい点は、医師選びです。美容整形手術は医師の技術力や知識力によって仕上がりが左右されます。異常に手術費用が安いクリニックなどでは、未熟な医師が担当することもあるので、注意しましょう。事前にクリニックや医師の実績などをチェックしておくことで、信頼できる医師を選ぶことが出来ます。カウンセリングを数分で終わらせるような医師も注意が必要です。